日本国憲法を鏡として身近にある法律を勉強します

(立川市社会教育関連団体)
よびかけ
日本は法治国家であり、立憲主義の国である。
総ての事が憲法の下に国会で法律を決め、世の中の総てが法律により動いている。日本の国の主権(国を動かす力)は国民が持っている(主権在民)。その力を発揮する為にも、考える国民・行動する国民に成らなければいけない。(民主主義の基本)正しい法律知識は正しい判断・正しい行動を生む。市民の皆さん!ご一緒に日本国憲法及びその他の法律を勉強しましょう。
入会をお待ちします。


立川市民のみなさん!!ご一緒に勉強しませんか・講座 「憲法から見た社会保障制度改革ー下流老人からの脱皮ー」

第6回弁護士さんと語ろうシリーズ(平成29年度 市民活動助成) 
高齢者の皆さん!
介護保険法・健康保険法・国民年金保険法・生活保護法など、社会保障関連の見直しがどんどん進められております。老人には厳しい条件ばかりで心配の事が沢山あります。
社会保障制度の将来をしっかり理解して自らを対応すべき時です。
この機会をのがさず勉強しませんか。朝日訴訟裁判を通して国の憲法解釈も勉強します。皆さんのご参加をお待ちします。
     <勉強会ご案内>
 1.日時 7月29日(土)pm1:30~3:30
  2.場所 立川市錦学習館 第2実習室(定員25名)
  3.講師 弁護士 田所良平(三多摩法律事務所)
  4.資料代 500円
《ご連絡先》錦法律を知る会(立川市社会教育関連団体・市民活動センターたちかわ会員) 
            代表 馬場和徳 ☎070-3542-2860
            Eメール:ryuu_baba@yahoo.co.jp
《講師紹介》
弁護士 田所良平   三多摩法律事務所所属
主な弁護団事件
所属弁護団 • 東京生存権裁判弁護団
• トーキン工業破産争議事件
• カイジョー出向命令差止事件
• 横河電機違法派遣事件
• 飛鳥ドライビングカレッジ事件(不当労働行為救済申立て・一時金支払請求事件)
• 武蔵村山市職員分限免職事件
• 都留文科大学退職手当支払請求事件
• HOYA不当労働行為救済申立て事件
                                      
メッセージ
一般民事事件、借金の問題、離婚、財産分与、相続等の家事事件、刑事事件等、幅広く担当してきましたが、とりわけ、解雇事件、残業代不払い事件、過労死事件、不当労働行為事件、公務員の分限免職処分取消を求める事件等、数多くの労働事件に携わってきました。
また、生活困窮者の方の生活保護申請に同行したり、生活保護に関するご相談にも専門的な知識に基づき対応しています。




29年度第6回~第10回弁護士さんと語ろうシリーズ講座開催

平成29年度市民活動助成によるシリーズ講座を開催する
第6回7/29日「憲法から見た社会保障制度改革ー下流老人からの脱皮ー」
第7回9/23日「憲法から見たヘイトスピーチ法」
第8回11/17日「憲法から見た性的少数者の権利保障」 
第9回1/20日「憲法から見た日本銀行法ーアベノミックスと1千兆円の国債」
第10回3/17日「憲法から見たカジノ解禁法」

活動場所 立川市錦町3-12-25錦学習館
TEL 070-3542-2860
Eメール
活動日 毎月第3土曜日定例勉強会
活動時間 午前10時~12時
駐車場 6台 すぐ一杯になるので気を付けて下さい
その他1 7月の課題(7/22日(土)am10~12時 錦学習館
監視社会のゆくえー刑法改正・傍受法・共謀罪法ー
その他2 8月の課題(8/18日(金)am10~12時子供未来センター
東京には日本の空が無いー安保条約・ドローン法・改正航空法ー
その他3 9月の課題(9/16日(土)pm2~4時 錦学習館
オスプレイ講座「沖縄オスプレイ墜落事件の真相と横田基地の現状」
交通アクセス
立川駅南口より徒歩15分
多摩モノレール柴崎体育館駅より徒歩10分
立川バス錦町2丁目バス停5分